体験・見学

小国杉(アヤスギ)の
魅力

心地よく自然を感じられる木材

小国杉は、林業の文化が息づく森の国、熊本県小国町で育ったブランド杉。今から約250年も前の江戸時代から幾世代もの人々が育ててきた、歴史ある自然の恵みです。綾杉エステートではその小国杉を、大黒柱、床、構造などに使用しています。

小国杉の特徴

小国杉は強度に優れ、美しい艶と粘りのある住宅向きの木材です。家を新築した時はもちろん、年数が経つに連れその味わいが増します。

自然の恵みを感じながら過ごす毎日はきっと、人が求める心地よさ。ストレスの少ない暮らしを実現します。

特徴1

建築に向く「木の粘り」

小国杉がブランド杉である所以は、その粘りのある木材の性質。一般的な木材よりも木目が詰まっており、比重が高い木材です。その粘りが家を支える強さになりまた、油艶(あぶらつや)が見た目の美しさも演出します。

特徴2

リラックス効果と抗菌作用

自然の中に身を置くとどこか気持ちいい。まるで森林浴をしているような気持ちになる。

小国杉のもう1つの魅力は、家の中で誇らしげに眺めることができる見た目の美しさと、抗酸化作用の強い木の性質。家にいるだけで健康になるとも言われるそんな不思議な力が小国杉には宿っています。

特徴3

優しいデザイン性

自然には角がない、という言葉を聞いたことはあるでしょうか? 光や風には実態がなく、触れることができません。その様子を例えた言葉です。

その角ない自然素材を活かすためになるべく角をつくらないデザインの工夫がされています。この大工のひと手間が家の中にいながら自然を感じられる家の秘密なのです。

より良い木材を適正価格で
お客様の元へ

小国製材所・小国町森林組合と連携し、良質の小国杉のみを厳選してお客様のもとへお届けします。

自然を守るのも、私たちの役目

森林のチカラは、私達の生活を守ってくれる大切なチカラ。雨水を受け止める緑のダムを育てます。土砂崩れなどから地域を守ります酸素を生み、空気を浄化します。豊かな土地と豊かな海を育む、豊かな森林をつくります。木材となり、私たちのくらしを支えます。このチカラを守るためにも国産材を積極的に使っています。

”使う”ことが森への恩返し

森の木は、使うことがむしろ森を守ることになることをご存知でしょうか?植栽された木は、間引きして密度を調整する「間伐(かんばつ)」といった手入れを行わないと、日光が差し込まず、土壌が失われたり、土砂崩れの原因となったりします。適切な間伐が行われることで、その機能が守られる。国産の木を使うことは、日本の森自然を守ることにもつながるのです。

木材の提供元である「小国森林組合」は、サステナブルな森づくりの証【SGEC認証】を取得しています。

ご質問がございましたら
お気軽にお問合せください

092-982-5888

営業時間 : 9:30-18:30
定休日 : 土・日・祝日